スタッフブログ|株式会社シナノキ環境美装

ホーム > スタッフブログ一覧 > 塗装によって防水加工を施す場所や方法について

塗装によって防水加工を施す場所や方法について

更新日:2015年11月03日

住宅では常に防水加工を施すことが推奨される場所があります。

代表的な場所には屋根や外壁があり、使われている資材によって異なる部分がありますが、
塗装の施されているタイプの屋根ならば、その多くが表面に防水加工を行う必要があります。

特に金属製の屋根の種類では、継ぎ目部分などができてしまうことになり、シーリングなどを施す場面も見られますが、
小さな隙間などは塗装によって埋めることも不可能ではありません。

外壁も同様に各資材が劣化してしまうことがないように防水塗装を施すことになり、
下地が出てしまっている場合では、早期に対応することが求められています。

外壁の中でもサイディング系は比較的防水能力が高い傾向にありますが、
モルタル製などの場合では下地が剥がれ落ちてしまう可能性があり、定期的なメンテナンスが大切です。

木材の場合では非常に重要な要素を持っていて、
住宅の場合ではベランダの足もとやウッドデッキ、フェンスなどに木材を用いている場合も多く、
常に塗装の状態を見極めることが必要です。

木材では雨水などが直接かかってしまった場合では、内部に水分が浸透してしまいます。
木材の種類で異なりますが、腐食の原因になる場合が多く、適切に塗装を施すことが良い方法です。

屋上などを持っている住宅のケースでは、
コンクリート製の材料を使っている場合も多く、
ひび割れによって漏水を起こしてしまうこともあります。

対応策は一般的には油性塗料を使う方法になり、
ウレタン塗料やシリコン塗料などを活用する方法で高い防水性を発揮させることができます。

木材に対しては木材用の塗料なども販売されていますが、
内部に浸透させるタイプのステイン剤などもあり、
この場合では撥水効果を合わせ持つことになります。

常に防水を必要としている場所の資材に合わせて塗料選びを行うことも必要になり、
錆や腐食から守ることを心掛ける方法で、長期的に住宅を保護することに成功できます。

防水塗装は住宅を長期的に保護する大切な方法なので、
専門家に相談した方が工期も短く、最終的な費用を抑えることも可能です。

取り返しがつかなくなる前に前に、
怪しいなと感じたら【シナノキ環境美装】にご連絡ください!

無料で防水および雨漏りの調査を行わせて頂きます。

お問い合わせの際は、電話番号をお間違いのないようお確かめください。

お問い合わせ番号

ペイントリフォーム対応エリア|名古屋・長久手・日進で塗装のことなら【シナノキ環境美装】

愛知県 全域

名古屋市全域(西区・北区・千種区・東区・中村区・中区・昭和区・瑞穂区・熱田区・中川区・港区・南区・守山区・緑区・名東区・天白区)・北名古屋市・西春日井郡豊山町・小牧市・春日井市・長久手市・日進市・愛西市・安城市・一宮市・稲沢市・犬山市・岩倉市・大府市・岡崎市・尾張旭市・蒲郡市・刈谷市・清須市・江南市・新城市・瀬戸市・高浜市・田原市・知多市・津島市・東海市・常滑市・豊明市・豊川市・豊田市・豊橋市・西尾市・半田市・碧南市・弥富市・丹羽郡・愛知郡・海部郡・幡豆郡・西加茂郡・宝飯郡・額田郡・北設楽郡・知多郡

岐阜県 東濃 西濃

東濃:瑞浪市、土岐市、多治見市、可児市、など
西濃:岐阜市、大垣市、各務原市、羽島市、など

このページの先頭へ

名古屋・日進・長久手を中心に塗装と修繕の専門企業【シナノキ環境美装】

© 2013-2019 株式会社シナノキ環境美装 All Rights Reserved